1. 難波学園 Home
  2. 横浜栄養専門学校
  3. 横浜栄養専門学校の特徴
  4. カリキュラム

カリキュラム - 実社会で、本当に役に立つ技術・知識を身につける。

見て、触れて、確かめるから、しっかりした知識が身につく

栄養士にはいろいろな知識が必要です。
食品の栄養についてはもちろん、食べ物そのものの知識、体のこと、どうやって給食を出しているか、どう調理して盛りつければより美味しい料理になるかなど、覚えることはとても多いです。でも、たくさんの知識や技術が身につくからこそ、栄養士という”食のスペシャリスト”になれるし、いろいろな分野で活躍できる人にもなれます。
基礎から応用まで、系統立てられたカリキュラム構成は、実践ですぐに役立つ知識と技術が2年間で身につくようになっています。厚生省の規定単位より多く学び実力をつけていくのは大変ですが、努力は人を裏切りません。

写真

給食業界での献立作成、食品産業界での新製品開発など、栄養士が活躍する分野は幅広くあります。
こうしたさまざまな分野の期待に応えるスペシャリストを養成するため、本校では実践重視の教育を行っています。カリキュラムは講義で学んだことを実験・実習を通して体験的に身に付けられるような編成。実験・実習の単位数を規定単位以上設け、確かな実力を養うシステムとなっています。
さらに管理栄養士国家試験科目としてあげられている科目についても新たに授業を開設しているので、幅広い知識が修得できます。
さらに管理栄養士(国)の国家試験対策のために講習会を開くなど、卒業生に対するフォローも万全です。

カリキュラム一覧
教育内容 規定単位数 科目名 実施単位数 実施単位数計 開講時期
講義
又は
演習
実験
又は
実習
講義 実験
又は
実習
講義 実験
又は
実習
1年 2年
前期 後期 前期 後期
62以上 合計単位数 60 18 78 ◎は集中により実施
授業時数 900 810  
合計授業時数 1710  
基礎
分野
人文科学 12以上 文学 2   13      
社会科学 食料経済 2        
自然科学 基礎生物学 2        
基礎化学 2        
外国語 英語 2        
保健体育 体育講義 2        
体育実技   1      
専門
分野
社会生活と健康 4以上 4以上 公衆衛生学 I 2   8 6      
公衆衛生学 II 2        
健康管理概論 2        
社会福祉概論 2        
人体の構造と機能 8以上 解剖学 2   8      
生理学 2        
解剖生理学実験   1      
病理学 2        
生化学 2        
生化学実験   1      

食品と衛生

6以上 食品学総論 I 2   8      
食品学総論 II 2        
食品学各論 2        
食品学実験 I   1      
食品学実験 II   1      
食品加工学実習   1      
食品衛生学 2        
食品衛生学実験   1      
栄養と健康 8以上 10以上 栄養学総論 I 2   10 11      
栄養学総論 II 2        
栄養学各論 2        
栄養学実習   1      
臨床栄養学総論 2        
臨床栄養学各論 2        
臨床栄養学実習   1      
栄養の指導 6以上 栄養指導論 I 2   6      
栄養指導論 II 2        
栄養指導実習   1      
栄養指導校内実習   1      
公衆栄養学概論 2        
給食の運営 4以上 給食実務論 2   6      
給食実務実習   1      
給食実務校外実習   2      
給食計画論 2        
調理学 2        
調理実習 I   1      
調理実習 II   1      
調理実習 III   1      
調理実習(専門)   1      
その他の科目   総合学習 2   2      

横浜栄養専門学校をもっと知りたい!資料請求はこちらから!

お電話でのお問い合わせはこちらまで 045-351-0514